2005年07月21日

過払い金請求とは・

余分に払い過ぎた利息を返還してもらえる正当な権利のことをいいます。
2006年1月以前に消費者金融、カードキャッシング、商工ローンなどを利用したことのある人のほぼ全員がこの権利を有します。
ですから、借入期間と年利にもよりますが、ほぼ全員の人に過払い金が戻ってきます。
例えば、借入額が50万円と小額であったとしても借入期間の合計が長いと、手元に戻ってくる過払い金が300万円を超えるケースもあるほどです。


posted by 立花瑠伊 at 12:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グレーゾーン金利

これまで、上限年利は下記の二つの異なる法律で定められていたために過払い金が生じることになります。
利息制限法 =15%(借入額100万円以上)
         18%(同10〜100万円未満)
         20%(同10万円未満)
出  資  法= 29.2%
この両方の上限金利の差額幅をグレーゾーン金利とか灰色金利といいます。
ですから、100万円以上の借入だとその差額幅は約2倍にもなるため過払い金が発生することになります。
posted by 立花瑠伊 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過払い請求が可能になった経緯・・・

2006年1月に最高裁が「グレーゾーン金利は違法なゆえ債務者に返還すべし・・・」なる過払い金に関する判決を下したのを機に、利息制限法の年利15〜20%(借入金額で異なる)より多く支払った利息分を取り戻す道が開けました。
ちなみに、消費者金融、カードキャッシング、商工ローンなどはほぼ全社がこのグレーゾーン金利での貸付を長年にわたり続けてきたために過払い返還の対象になります。
なお、2006年1月以降の貸付に関しては、金融業者が利息を下げるとか、グレーゾーン金利を取っていたとしても合法的な契約システムに切り替えていますから、過払い金は実質的に生じないことになります。

posted by 立花瑠伊 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。